ベルウィックサーガ とSRPGについて

みなさん、"ベルウィックサーガ" というゲームはご存知ですか?

ps2のゲームで、ジャンルはSRPGです。

            (シュミレーション)

 

<目次>

Ⅰ. SRPG について

SRPGを知らない人へ

Ⅱ. ベルウィックサーガ について

他のRPGと比べた、ベルウィックサーガの良い点

 

Ⅰ. SRPG について

SRPGを知らない人へ

 

 このジャンルに馴染みのない方もいらっしゃると思います。

RPGといえば、"ドラクエ" や、"ファイナルファンタジー" が有名で、

キャラがいて、ストーリーと戦闘があって、冒険をしていきますよね。

 

そこに、シュミレーションが加わると…

 

 まず、RPGでいうパーティー編成が、数人→数十人単位と、たくさんに増えます。

かつ、戦闘のフィールドがマス目状になり、

その中でキャラ(ユニット)を動かす風に変わるのが、RPGとの違いだと思ってます。

 

身近なボードゲームでいうと、将棋やチェスをイメージして頂ければ分かり易いです。

これらのゲームでいう 駒が、人間(キャラ)になり、ストーリー性が加わります。

また、ゲームであれば、"ファイアーエムブレム" シリーズが有名ですね。

他にも、私は、"サモンナイト" というシリーズも大好きです☆★

 

Ⅱ. ベルウィックサーガ について

・他のRPGと比べた、ベルウィックサーガの良い点

 

では、そのSRPGの中でも、ベルウィックサーガは? というと…

 

 ファイアーエムブレムのゲーム中のシステムを少し改良し、

バランス調整をした上で、難易度が上がった物、だと言えると思います。

ただ、その結果、

従来のSPRGに比べて、

それぞれのユニットの個性の追求を楽しむ事ができるゲームになった

と思います…!

 

具体的なシステム周りの変更は、ググって調べれば いくらでも出るので、

そちらをご参照してもらえれば幸いです。

 

 ですので、私のブログでは、よそのページであまり言及されてないような、

ユニットの個性(スキルや、専用武器など、それぞれのユニットごとの差別化要素)

に着目して「このユニットの光らせ方(活躍のでき方)はどうか」

をテーマに、これから記事を書いていきます。

まぁ、余談(感じたイメージ・人間性、カプリングなど)も書くと思いますが…(笑 

 

ご精読ありがとうございました(*^^*)♪

管理人の自己紹介

みなさま、初めまして(^^)

このブログを管理しています。わたくし、すず と申します♪

 

大好きな(少女)漫画、ゲーム、アニメを中心に、

雑記ブログにしていく予定です。

 

<目次>

Ⅰ.自己紹介

すずの生い立ち

 Ⅱ.すずの趣味

好きな少女漫画

好きなゲームとアニメ

 

Ⅰ.自己紹介

 ・すずの生い立ち

 

南の方で生まれ育ち、現在、関東で暮らしています。

 

 小学生のときからパソコンが好きでした。

掲示板(BBS)やチャット、ミクシィで知らない人と交流したり、

日記を書くのが好きでした。

 

 高校では体育系の部活に入って、朝晩と練習に取り組み、

大学では最低、月に1回はボランティアをしていました。

小学校で授業や休み時間に一緒に居させてもらったり、

年配の方を対象とした運動教室の準備や補助のお手伝いや、

中小企業を紹介する新聞記事の作成のために、取材をしたり…

 

一般企業に就職しましたが、3か月でくじけて、その後はバイトで生活をしています。

 

Ⅱ.すずの趣味

 ・好きな少女漫画

 

少女漫画が大好きです! 好きな漫画と作者さんを挙げると…

 

<特に好きな作者さん>

アサダニッキさん(「ナビガトリア」、「青春しょんぼりクラブ」)

雪丸もえさん(「ひよ恋」、「吹彩」)

・槇ようこさん(「山本善次郎と申します」、「ロマンチカクロック」)

・芥踏絵さん(「妹ができました」、「セキララにキス」)

・藤ももさん(「恋わずらいのチェリー」、「発恋にキス」)

藤沢志月さん(「ハツ*ハル」、「彼女はまだ恋を知らない」)

・リカチさん(「明治緋色奇譚(メランコリア)」、「氷の女王」)

 

<雑誌別>

・りぼん(「つばさとホタル」、「ハニーレモンソーダ」

        「夢色パティシエール」 「なないろ革命」)

 

・デザート(「たいようのいえ」、「おはよう、いばら姫」

      「ライアー×ライアー」、「隣の怪物くん」)

 

・フラワーコミックス(「女王の花」、「黒源氏物語」、「恋するみつば」)

 

花とゆめ、LaLa(「フルーツバスケット」、「トナリはなにを食う人ぞ」

         「赤髪の白雪姫」「彼女になる日(another)」

         「帝の至宝」、「暁のヨナ」)

 

ミステリーボニータ(「砂クジラは砂上で歌う」、「天空の玉座」)

 

こんな感じです。

 

 ・好きなゲームとアニメ

 

ゲームとアニメも好きです! 特にお気に入りなのが…

 

<ゲーム>

・「ベルウィックサーガ」、「ファイアーエムブレム」、「サモンナイト

 

可愛い、あるいは魅力的なキャラクターがたくさん居て、選べること。

かつ、ストーリー性と、戦略性があって、自由にパーティーを組むことが可能な

これらのゲームは大好きです!

 

<アニメ>

・「響け! ユーフォニアム」、「三者三葉」、「未確認で進行形

 「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」、「ラブライブ!」シリーズ

 「ご注文はうさぎですか?」、「ひだまりスケッチ」、「ひぐらしのなく頃に

 

などなど…

 

みなさまと興味が重なると嬉しいです…!

よろしくお願いします☆★

「文化資本」を身に付けるには?

突然ですが、わたくし、「文化資本」がほぼ無いのが悩みなんです(*_*)

それが恥ずかしくって…いま色々と調べてます。

 

<目次>

Ⅰ.「文化資本」って

Ⅱ.文化資本があるとどうなるのか?

Ⅲ.文化資本は後から身に付けられない!?

 

Ⅰ.「文化資本」って?

金銭によるもの以外の、学歴や文化的素養といった個人資産を指す。

ウィキペディアより)

 

また、3つの要素に分けられてます。

①客体化されたもの(絵画、ピアノなどの楽器、骨董品、蔵書などの文化財

②制度化されたもの(学歴、教育資格・免状など、保証がされているもの)

③身体化されたもの(ハビトゥス;慣習の源、言葉遣い、振る舞い、センス)

 

 いきなり例え話になりますが、

本に囲まれた家庭の子どもは自ずと本好きになる、みたいな話はよく聞きますよね。

本は①の文化財にあたり、読書は③の慣習です。

あと勝手なイメージですが、先生とかお医者さんとか本好きそうです(②の学歴)

つまりは、

個人の文化資本の有無って、家庭ないし、個人の周囲の環境の影響をモロに受ける

ってことです。 家庭間で遺伝的要素があります。

 

Ⅱ.文化資本があるとどうなるか?

①「絵画鑑賞」という趣味ができ、楽しめる。良い絵が一目で判る(目利き)

②うまく説明できないんですが…お医者さんの子はお医者さん、みたいな…?

③綺麗な言葉遣い。品のある立ち振る舞いや、相手を慮ったマナーが身に付く。

と、いったところでしょうか

 

Ⅲ.文化資本は後から身に付けられない!?

で、悲しいお知らせですが、これらは後天的には身に付けるのが難しいらしいのです…

それについては、内田樹さんが言及しています。 私の1番の悩みのタネです(+_+)

 

例えば、

①良い目を持つ人は、過去の経験から、直観的、感覚的にそれを良い物と判断できる。

(絵の時代背景が~、技巧が~、うんぬんでなく…うぅ、説明むずい…)

②そもそも、お金がかかる(医大、医学書) 教育環境も恵まれてないといけません。

③1日2日で矯正できるものでない(まして、にじみ出る気品はそうすぐ出せない)

などなど。

 

そして、内田先生いわく、私達が「文化資本を身に付けよう!」と意識した瞬間、

もうそれにはアクセス出来なくなってしまうとのこと。 えぇぇ…

 

 というのも、後天的に取り入れた人の場合、それはただの「知識」であって、

それ自体がどんな物なのか知っている(知らない)という「教養」には敵わないから。

その2つの事柄の間には、越えられない壁が存在してるというのです…(*_*)

しかも、私達はその原因を経済資本が無いせいと勘違いしてる(実は教養が無いせい)

それに気付いてないことが救いだなんて…もう私は一体どうしたら…

 

 

と、まぁこんな感じです。

 

 文化資本に何もそこまでこだわらなくても…と思われる方もいらっしゃるかも。

でも、文化資本があった方が人生が豊かになって、単純に面白そうって思ったんです…!

良い物に触れ、愉しみ、知的な会話にお互いのセンスを感じたり…妄想分も込ですが…

それに、子どもにとっても大事なことだと思います。